ケベック・シャルルボアしあわせキュイジーヌの旅

3

「しあわせ」なチーズの王国

ル・マシフ鉄道は、セントローレンス川と、そこに迫ってくる丘陵との間に敷かれた線路の上を進んでいく。さて、パンのあとに出てきた朝食の続きがこの写真だ。手前からー

①「ラテリ・シャルルボア」のチェダーチーズとホウレン草のキッシュ。

②オーガニック・ミート・ソーセージとトマトのサラダ

③キャラメルと「フェアモント・マノア・リシュルー」特製ハチミツのパン・プディング。

「ラテリ・シャルルボア(Laiterie Charlevoix)」っていうのは、シャルルボアを代表するおいしいチーズ生産者の1つ。そのチーズが使われたキッシュなんだから、おいしいに決まってる。生地がサクサクでチーズがとろり、というのは当然だ。

ル・マシフ鉄道で出される料理は、カナダを代表するホテルチェーンの「フェアモント」の「フェアモント・マノア・リシュルー」によるものだ。

③の料理に出てくる特製パン・プディングの「フェアモント・マノア・リシュルー」がそれ。セントローレンス川に臨む、こんなお城のような豪華ホテルだ。このホテルの料理長、パトリック・ターコット氏が腕によりをかけたメニューがル・マシフ鉄道で楽しめるってことなんだそうだ。なんだか有名人らしい。

さて、シャルルボア滞在中、僕はこのホウレン草のキッシュに使われているチェダーチーズを作ったチーズ生産者、「ラテリ・シャルルボア」を訪れることができた。

もともと乳牛を飼育してミルクを生産していたけれど、1980年代にチーズづくりに専念することにし、今ではシャルルボアを代表するチーズメーカーとして知られている。

僕はここで特別に、熟成中のチーズを並べた部屋に入る許可をいただいた。もちろん、シャワーキャップみたいなのにビニールの手袋、靴も備え付けの長靴に履き替えて、完全防備だ。

こんなふうに熟成中のチーズを間近に見る機会なんてめったにない。表面は薄いオレンジ色というか、薄いだいだい色というか。艶はなくて、型に詰めた時に包んでいたんだと思う、布のあとがかすかについている。

きっと内側の方では、毎日毎日じっくりと、チーズの味と香りが高められ続けているんだと思う。じっと見ているうちに、チーズに色気さえ感じてくる。

思わず、頬ずりしたいという衝動に駆られた。いやいや、いけない。僕のほっぺたから何か悪いものがくっ付いてチーズが台無しになってしまう。

僕の異様な雰囲気を察したのか、これも特別なんだと思う、チーズを抱えさせてもらうことができた。手にした感触は、スポーツジムで持ち上げるダンベルなどの金属的な重さではなく、中に水分を含んでいるというか、生きていることを感じさせるずっしりとした重さ。「重さ」にもいろいろな種類があるなあ、とふと思った。

この写真のパッケージに描かれている黒い牛は、1608年にサミュエル・ド・シャンプランとともにヨーロッパ大陸からやってきた牛なんだそうだ。

フランスから今のケベックにやってきて、木製の砦を築いたシャンプラン。カナダという国が成立するための第一歩を築いた、あのシャンプランといっしょに来た牛だ。

この黒い牛、第二次世界大戦ごろまでは500頭ほどいたものの、その後、激減してしまったという。それを1カ所に集めて育てることによって頭数もだいぶ回復し、今ではシャルルボアにある3つの牧場で、計150頭ほどが飼育されるまでになったそうだ。

"シャンプランの牛"のミルクを使い、6カ月かけて作ったこのチーズは、しっとりとして、ホロリとした食感で、ほんのりとした塩味も感じた。なんだかカナダの歴史を味わうようなチーズだ。

シャルルボアにはもう一軒、見ておかなくてはならないチーズ生産者がある。「メゾン・ダフィナージュ・モーリス・デュフール(Maison d'Affinage Maurice Dufour)」。ここで作る6種類のチーズのうち、なんと2つがカナダ全土でナンバーワンに輝いたことがあるそうだ。シャルルボアではぜひ、おさえておきたいチーズ屋さんだ。

僕が気になったのは、羊のミルクで作られたこのチーズ。外側には白カビに覆われた皮のような部分があって、中はトロトロ。皮が器のようになっていて一見、チーズフォンデュみたいだけれど、冷やしてもトロトロのままなんだ。これ、どういう仕組みでこうなるんだろう。

店舗のすぐうしろの建物では、このチーズを生み出してくれている羊が飼われていると聞き、覗いてみた。

ちょうど毛を刈られている最中で、なんだかもう「どうにでもして」という顔つきで羊がおとなしくしている。

ミルクをいただいたり、暖かい毛をいただいたり、なんだか羊のみなさんにはいろいろと申し訳ない。でも、基本的には、この写真みたいにみんなポカーンとしていて、さほど不満がある感じでもなかったので、まあ、いいのかなあ、と。「しあわせ」かい?キミ。

ル・マシフ鉄道の朝食に出されたホウレン草のキッシュが出来上がるにあたっては、ケベックやカナダを代表するような上質のチーズの数々があった。

朝日の眩しさの中でキッシュを頬張った。間違いなくおいしい。美味しいものを食べることって、ほんとうに「しあわせ」だと思う。羊だって「しあわせ」なんだと思う。

シャルルボアは間違いなく、「しあわせ」なチーズの王国だ。

ケベック・シャルルボアしあわせキュイジーヌの旅
  1. 「しあわせ」いっぱいの旅が始まる
  2. 列車はあの滝から出発した
  3. 「しあわせ」なチーズの王国
  4. 可愛いけれど、おいしそう
  5. 緑色のケチャップ
  6. 「シルク・ド・ソレイユ」が舞い降りた
  7. 再び「ワンダケ」へ
  8. 「創始者」がいた店
  9. ハンク鈴木さんに出会った
  10. おいしすぎる島(1)
  11. おいしすぎる島(2)
  12. 冬の誘惑
  13. 続・再び「ワンダケ」へ
  14. 「しあわせ」すぎる夕食
  15. 「しあわせ」な人たちが暮らす場所

著者プロフィール

平間 俊行 (ひらま としゆき)

報道機関で政治・選挙報道に携わる一方、地方勤務時代には地元の祭りなど歴史や文化に触れる取材に力を入れる。現在は編集部門を離れ、別分野の事業を担当しながら度々カナダを訪れ、カナダの新しい魅力を伝え続けている。