ケベック・シャルルボアしあわせキュイジーヌの旅

4

可愛いけれど、おいしそう

「レ・ヴィアンド・ビオロジック(Les Viandes Biologiques)」は、シャルルボアでも知られたソーセージの店だ。

ル・マシフ鉄道の朝食で出てきた「オーガニック・ミート・ソーセージとトマトのサラダ」に使われていたのも、この店のドライ・ソーセージ。

「オーガニック」の名前が示す通り、ここでは1000ヘクタールの畑を使って安心・安全な自前のオーガニック飼料を作り、豚と鶏を育てている。毎週、50頭の豚でドライ・ソーセージが作られるんだそうだ。

生肉をつぶし、塩や胡椒、ハーブなどと混ぜて豚の腸に入れ、発酵させる。製造過程で火はまったく使わない。

大きなものは6週間、小さなものは3週間、冷蔵庫の中で吊るしておくとドライ・ソーセージの完成だ。

ソーセージの表面が白いのは、カマンベールチーズなんかと同じように表面に菌が塗られているため。菌が肉から余分な水分を吸収することによって「ドライ」になるというわけだ。

スライスされたドライ・ソーセージを口に運ぶ。特徴は、発酵した肉と、胡椒やハーブが生み出す濃厚な香りだ。たくさんのソーセージが吊るされた冷蔵庫の中も、強い香りがいっぱいに立ち込めていた。

この店では、ワイルドマッシュルーム、ブルーチーズ、ナッツなど、いろいろなものを加えて幅広い香りがするソーセージを作っている。脂も結構あるので、こんな時はやっぱり冷えた白ワインなんだろうなあ。

飼育されている子豚たちに会わせてもらった。寄っていくと、食べ物をもらえるとでも思ったのだろうか、僕との間を隔てている柵にみんなで殺到してきた。悪いけど、今は何も持ってないんだ。

子豚たちは本当に可愛いくて、手を伸ばして「1人」ずつ、おしりを撫でてあげたいぐらいだ。一方で、縦に並んだ子豚たちのおしりを見ていると、だんだんとソーセージに見えてくるんだから、人間なんて本当に勝手というか、究極のご都合主義だと思う。

子豚たちは可愛くてしょうがない。赤ちゃんを見て、可愛くて食べちゃいたいくらい、という表現があるけれど、対象が子豚であっても人間であっても、そのあたりの感情ってのは共通する部分があるんだろうか。

ここでは豚だけではなく鶏もたくさん飼育されている。鶏舎を見せてもらったら、数え切れないほどの鶏にいきなり睨まれた。

こちらは子豚と違って結構おっかない。一斉に飛びかかって来られたらかなり怖いと思う。子豚みたいに食べちゃいたいぐらい可愛い、とは当然ならなかったけれど、この違いはなんなんだろうか。

「オーガニック・ミート・ソーセージとトマトのサラダ」のトマトもそうだけれど、ル・マシフ鉄道の料理に使われる野菜も一級品だ。

店舗の周りに大きなカボチャが山のように積まれている「レ・ジャルダン・ドゥ・サントル(Les Jardins du Centre)」では、新鮮で種類豊富なシャルルボアの野菜を見ることができた。

建物はセントローレンス川を見下ろす丘の上にある。青い空と紅葉した樹々。よく見ると樹々の中には真っ赤に色づいたリンゴもある。

そして斜面には、川面を背景に畑が広がっている。ここでシャルルボア自慢の野菜たちが作られるんだ。

ぼくの文章を読んだことのある人なら薄々、感づいていると思うけれど、僕は食材を間近で見るのが本当に大好きなんだ。

野菜もそう。人参やら蕪やらムラサキイモやら、いつまででもじっと見ていたいと思う。ただし、質のいいものに限るけど。

それにしてもだ。根っこや泥がついていたり、形も不揃いだけれど、日本のスーパーなんかで売っているのに比べて数段、おいしそうに思えるのは、シャルルボアの野菜が持つ「生命力」ゆえなんだろうか。

ケベック・シャルルボアしあわせキュイジーヌの旅
  1. 「しあわせ」いっぱいの旅が始まる
  2. 列車はあの滝から出発した
  3. 「しあわせ」なチーズの王国
  4. 可愛いけれど、おいしそう
  5. 緑色のケチャップ
  6. 「シルク・ド・ソレイユ」が舞い降りた
  7. 再び「ワンダケ」へ
  8. 「創始者」がいた店
  9. ハンク鈴木さんに出会った
  10. おいしすぎる島(1)
  11. おいしすぎる島(2)
  12. 冬の誘惑
  13. 続・再び「ワンダケ」へ
  14. 「しあわせ」すぎる夕食
  15. 「しあわせ」な人たちが暮らす場所

著者プロフィール

平間 俊行 (ひらま としゆき)

報道機関で政治・選挙報道に携わる一方、地方勤務時代には地元の祭りなど歴史や文化に触れる取材に力を入れる。現在は編集部門を離れ、別分野の事業を担当しながら度々カナダを訪れ、カナダの新しい魅力を伝え続けている。