トラベルエッセイ

カナダの歴史に触れるケベック「謎解きの旅」

14

ケベコワの誇り=「ボノムの謎」その3=

帯として、また腰を保護するために巻かれた「サッシュ」

陽気なスノーマン、ボノムの頭には、公式に認められたファー・トレーダーの証である赤い帽子があった。こうした毛糸の帽子は「トゥーク(Tuque)」と呼ばれている。

さて、ボノムの謎を解明するためのもう1つの手がかりは、腰に巻かれた帯だろう。「サッシュ(sash)」と呼ばれている。

防寒具の上から身に付けることで文字通り帯としての機能を果たし、重い荷物を背負った時には腰を守るコルセットの役割もあるという。

カナダ観光局のホームページで、こんな興味深い写真を見つけることができた。腰に巻いたサッシュは、いわばコルセットの役割を果たしている。重量挙げの選手が腰に皮のベルトをしめているのと同様、思い荷物を運ぶ際に腰を保護してくれている。加えて、頭に別のサッシュを引っ掛けて背中の荷物を固定もするようだ。

ケベックの地がフランスからイギリスのものとなった後、フランス系や、先住民との間に生まれたメイティは、ビーバー交易のバーチ・バーク・カヌーの漕ぎ手などとして主に肉体労働に従事していたという。

先に書いたように、彼らは川や湖が途絶えるとカヌーや荷物を担いで陸上を移動した。その時、サッシュは腰を守り、また重い荷物を背負うために欠かせないツールだったのだろう。

それでは、冬のスーパースター、ボノムはただのカヌーの漕ぎ手なのだろうか。

「ボノムの謎」に近づくために僕が訪れたのは、カナダの首都オタワにある「カナダ歴史博物館」。建物全体がカヌーを模した流線型をしていて、柱はカヌーを漕ぐパドル、入口はビーバーの顔をイメージしたという、まるでカナダを象徴するような博物館だ。

この博物館の研究員のチームリーダーであるブノワ氏にガイドをお願いし、カナダ全土の歴史を学ぶ「カナダホール」を巡っていく。

ふと目をやると、展示物の中に、ボノムのものとそっくりのサッシュがある。

その場所は、1837年、既にイギリス領となった「カナダ植民地」で、支配される側となったフランス系住民が起こした反乱の展示コーナーだった。

なぜこの帯がここに展示されているのか尋ねてみると、ブノワ氏はこう答えたんだ。

「これはペイトリオット(愛国者)の象徴なのです」

よく見ると、近くに展示された絵の中には、ボノムのトゥークに似た赤い帽子をかぶっている人たちがたくさん描かれている。

赤いトゥークはライセンスを持つ正規のファー・トレーダーを示すものだというケベックで得た情報を、専門家のブノワ氏に改めて確認してみる。すかさず「その通り」、という答えが返ってきた。

1759年にイギリス軍の攻撃によってケベックが陥落したことで、約150年間続いたフランスの植民地「ヌーベル・フランス」の時代は終わり、以後、ケベックはイギリスの植民地となった。

それからおよそ80年後、フランス系の「カナダ人」たちは、ケベックの奪還を目指して蜂起したものの、イギリス軍の前に敗北を喫したんだ。その戦いを主導したのが「ペイトリオット」だ。

後ろを振り向くと、捕らえられて牢獄に入れられた「ペイトリオット」の人形が展示されている。腰にはサッシュが巻かれている。ボノムだ。ボノムと同じだ。

ブノワ氏の説明によると、軍隊としての統一した制服もない中、戦いにはサッシュを締めた人々がたくさん加わったことで、このサッシュがペイトリオットの「象徴」になったのだという。その中にはフランス系と先住民の女性との間に生まれたメイティたちも含まれていたのかもしれない。

彼らの連帯感を強めたのが、腰に巻いたサッシュだったんだ。

サッシュの網目模様は、先住民の「矢」をデザインしたものだという。もともとは先住民が宗教的な理由で首にかけていた"帯"が時を経て、腰に巻くサッシュに変わっていったたらしい。だから、先住民との関わりが深かったフランス系の人々やメイティが、先住民の「矢」をデザインしたサッシュをつけているのも頷ける話だ。

よく見てみると、展示物の中にはたくさんの"ボノム"がいた。頭には赤いトゥーク、腰には先住民との関わりの深さを示し、かつ、カヌーを担いで陸地を進む際には腰を守ってくれるサッシュを締めた、フランス系の人やメイティたち。

彼らはイギリスの支配のもとで暮らし、そして反乱軍に身を投じた、ということなのだろう。

カナダ「始まりの地」であるケベック州では1995年、カナダからの分離独立をかけた州民投票が行われ、賛成49・4%、反対50・6%という僅差でカナダにとどまったという経緯がある。

ケベックのフランス系「カナダ人」たちは、自分たちを「カナダ人」ではなく、「ケベコワ」と呼ぶとも聞いた。

僕は、誰がボノムを生み出し、なぜ赤いトゥークをかぶらせ、どんな思いで腰にペイトリオットの象徴であるサッシュを締めさせたのかは分からない。

もちろん僕は歴史家ではないから、この結論が正しいのか何とも言えないし、僕の感想にしかすぎないのかもしれない。

でも、あのご陽気なスノーマン、ボノムという存在には、ケベコワたちの誇りが込められているような気がしてならない。

俺たちはカナダ人だけど、「ケベコワ」なんだ、という誇り。

「Joie de Vivre」(ジョワ・ド・ヴィーヴル=生きる喜び)の方が似つかわしいボノムだけれど、実は本当にぴったりなのはあの言葉、「Je me SOUVIENS」(ジュ・ム・スヴィアン=私は忘れない)なのかもしれない。

カナダの歴史に触れるケベック「謎解きの旅」
  1. 「謎解きの旅」が始まった
  2. 最上級の帽子
  3. なぜ氷の滝を登ったのか
  4. 砂糖小屋にて
  5. 冬の Super Star
  6. なぜ氷のホテルに泊まったのか
  7. 陸を進む船 バーチ・バーク・カヌー
  8. ミッシング・リンク
  9. なぜ氷の上で競うのか
  10. 血の色の酒とカーニバルの始まり
  11. ヌーヴェル・フランスの終焉
  12. なぜ氷の上で語らうのか
  13. ハード・インディアン・シュガー
  14. ケベコワの誇り
  15. そして、すべての謎がつながった

著者プロフィール

平間 俊行 (ひらま としゆき)

報道機関で政治・選挙報道に携わる一方、地方勤務時代には地元の祭りなど歴史や文化に触れる取材に力を入れる。現在は編集部門を離れ、別分野の事業を担当しながら度々カナダを訪れ、カナダの新しい魅力を伝え続けている。