トラベルエッセイ

カナダの歴史に触れるケベック「謎解きの旅」

15

そして、すべての謎がつながった

カナダの国会議事堂、パーラメント・ヒル

僕が追いかけた3つの「謎」、ビーバーにメープル・シロップ、そしてボノム。どれか1つが欠けても、今のカナダはなかっただろう。旅を振り返ると、これらの「謎」に共通していたのは、協力だったり譲歩だったり、歩み寄りといった考え方のような気がする。

毛皮交易人の赤い帽子をかぶったボノムは、イギリスの支配と戦ったペイトリオットの象徴であるサッシュを腰に巻いてはいるけれど、今やケベコワだけでなく、カナダ全土で愛されるキャラクターだ。

ケベコワが誇りを持ち続け、それが許容されるからこそ、2つの公用語を持つ世界でもユニークな国ができあがったんだと思う。

なにしろこのスノーマンときたら、カナダの"代表"として海外に出張し、美女とツーショットにおさまったり、世界的に有名なあのキャラクターと握手まで交わしているんだ。彼がもはやケベコワだけのものじゃないのは間違いない事実だ。

ボノムのようなサッシュを巻いたフランス系の人々や、彼らと先住民との間に生まれたメイティたちは、屈強なカヌーの漕ぎ手として、カナダ経済の原動力であるビーバー猟を支えていた。

先住民の女性と結婚したり、仲良くなるためにカリブーの血まで飲んじゃうなんて、もう歩み寄り以外のなにものでもないと思う。

そもそも、毛皮を求めてやってきたヨーロッパ人たちは、先住民と協力しなければビーバーを手に入れることはおろか、極寒の冬を越すこともできなかった。だからこそ、その協力関係の中でメープルの樹液の甘さが先住民から伝えられたのだと思う。

ヨーロッパ人たちが、ただ略奪するだけの侵略者だったら、メープル・シロップは今のような姿になっていただろうか。

カナダという国ができあがるために欠くことのできないものだったという点で、3つの「謎」はしっかりとつながっていたんだと僕は思っている。

カナダの首都、オタワの国会議事堂パーラメント・ヒルには、ある先住民の胸像が置かれている。彼の名前はジェームズ・グラッドストーン。1958年に先住民として初めて上院議員に指名された人物だ。

もちろん、先住民が土地を奪われたり、メイティが蜂起するといった事件も起きているし、カナダだってすべてが綺麗事で済んでいるわけじゃあない。ただ、カナダという国が常に協力や譲歩、歩み寄りを目指していたのは事実だと思う。

オバマ・クッキーというのを知っているだろうか。アメリカのオバマ大統領がカナダを訪問した際、オワタ市内で食べたクッキーが、大統領の名前で今も愛されている。カナダ人ってこのあたり、けっこう無邪気だなあと思う。

でも、カナダが「イギリス領ケベック植民地」だったころ、アメリカ合衆国と戦争したことを知っているだろうか。イギリスからの独立を勝ち取ったばかりのアメリカと陸地で接するイギリス植民地が緊張関係に置かれるのは当然だ。

冬になると全面が凍りつき、世界一長いスケートリンクになるオタワのリドー運河は、セントローセンス川がアメリカによって押さえられた時のための物資輸送路として建設されたものだ。

当時、バイタウンと呼ばれたオタワとキングストンを結ぶ全長202キロの運河が完成したのは1832年のことだ。

ケベック市内では、住居の裏に避難用の階段が取り付けられた建物を見ることができる。アメリカがセントローレンス川から攻撃を仕掛けてきた時に、すぐに逃げるための階段だ。

だからケベックでは、セントローレンス川に向かって今も大砲がずらりと並んでいる。もちろん、歴史を知り、歴史を振り返るだけが目的の"大砲"だけれど。

超大国・アメリカと隣り合っていてもうまくやっていけるし、オバマ大統領が食べたというだけでオバマ・クッキーなんて呼んで喜んじゃうあたりは、カナダってなかなか懐が深いなあと思ってしまう。

もしカナダを旅する機会があったら、少しだけこの国の歴史にも目を向けてほしい。いたるところでビーバーのデザインに出くわすはずだし、お土産を買う時はメープル・シロップだけではなく、メープル・シュガーにも目を向けてほしい。

カナディアン・ロッキーの観光拠点バンフが誕生した経緯や、世界第3位の航空機メーカー、ボンバルディア社がスノーモービルを製造している理由、そして西部のプレーリー地帯にはなぜ変わった形の教会が多いのか、などなど。

カナダには、カナダという国を作り上げてきた人たちが織り成す、人間臭い歴史が満ち溢れているんだ。

カナダの歴史に触れるケベック「謎解きの旅」
  1. 「謎解きの旅」が始まった
  2. 最上級の帽子
  3. なぜ氷の滝を登ったのか
  4. 砂糖小屋にて
  5. 冬の Super Star
  6. なぜ氷のホテルに泊まったのか
  7. 陸を進む船 バーチ・バーク・カヌー
  8. ミッシング・リンク
  9. なぜ氷の上で競うのか
  10. 血の色の酒とカーニバルの始まり
  11. ヌーヴェル・フランスの終焉
  12. なぜ氷の上で語らうのか
  13. ハード・インディアン・シュガー
  14. ケベコワの誇り
  15. そして、すべての謎がつながった

著者プロフィール

平間 俊行 (ひらま としゆき)

報道機関で政治・選挙報道に携わる一方、地方勤務時代には地元の祭りなど歴史や文化に触れる取材に力を入れる。現在は編集部門を離れ、別分野の事業を担当しながら度々カナダを訪れ、カナダの新しい魅力を伝え続けている。