トラベルエッセイ

カナダの歴史に触れるケベック「謎解きの旅」

2

最上級の帽子=「ビーバーの謎」その1=

凍ったセントローレンス川の向こう岸に見えるケベックの街並み

カナダを代表する動物、「国獣」はビーバーなんだそうだ。ホッキョクグマでは? と思う人がいるかもしれない。でも、カナダを代表しているのはビーバーなんだ。

ケベックでは、州議事堂の建物の上にビーバーの彫刻が施されているのを見た。そう言えば5セント硬貨もビーバーのデザインだ。カナダを代表するファッションブランド「ROOTS」のマークもやっぱりビーバーだ。

カナダの国立公園を管理する政府機関「パークス・カナダ」のマークもやはりビーバー。職員が着る緑のユニフォームの胸には、あのお菓子のビーバーテイルのような大きな尻尾を持つビーバーがしっかりと描かれている。

気をつけて探してみると、カナダは本当にビーバーだらけ。「国獣」だから、ということだけでは説明しきれないし、そもそも大事なのは、どうしてビーバーが「国獣」になったのか、ということだ。

サミュエル・ド・シャンプランが今のケベックに砦を建設したのがカナダの「始まり」だと書いたけれど、彼がその砦の中に設けたのが、ビーバーの毛皮の交易所だった。

ヨーロッパ人たちがビーバーの毛皮を欲しがった目的、それは「帽子」なんだ。

いきなりこう書くと違和感があると思う。たかだか帽子ごときのために、危険を冒して大西洋を渡り、冬は氷点下になる厳寒の地にやってくる価値があるのか、と思うのは当然だ。

しかし、それはただの帽子じゃない。ビーバーの毛皮から作った帽子は「ビーバー・ハット」と呼ばれ、当時のヨーロッパで大流行していた。

ヨーロッパ貴族や軍人が身につけていた帽子も「ビーバー・ハット」。広く知られているイギリス紳士の象徴・山高帽も実は「ビーバー・ハット」だ。

あの黒いフェルト地はビーバーの毛皮、正確に言うとビーバーの「毛」から作られたものなんだ。

ビーバーの毛皮は、外側の固くて長い毛をかき分けると、中からふわふわの内毛が現れる。この内毛を皮から剃り取り、蒸気で圧力をかけるなどの工程を経ることによって、毛と毛が絡み合う「縮絨(しゅくじゅう)」ということが起こり、見事なフェルト地になるんだそうだ。

ビーバーの内毛から作られた「ビーバー・ハット」は、その光沢や耐水性などからヨーロッパで最上級の帽子として絶大な支持を得たんだ。

もっとも、その後ヨーロッパの帽子の流行は、ビーバーの乱獲のよる原料費の高騰など、いくつかの理由で「シルクハット」へと移って行ったけれど。

いずれにしても当時、ヨーロッパに持ち込まれたビーバーの毛皮は、莫大な富をもたらしてくれる産物だった。だからこそ、毛皮を求めて多くのヨーロッパ人が後にカナダとなる大地を巡り、結果的にカナダという国が成立する「基礎」を築いていった、ということになる。

さて、前置きが随分と長くなってしまった。まずはどのようにビーバー猟が行われていたのかを知るために、僕はケベック空港近くの先住民居留地「ワンダケ」を訪ねることにした。

ここに住むヒューロン族と呼ばれる先住民の本当の名前は、「ワンダット」。世界は巨大な亀の甲羅の上にある、と考えていた人たちだ。彼らはかつて、ヨーロッパ人が運んできた疫病から逃れるため、今のオンタリオ州・ヒューロン湖の辺りに移り住むことを余儀なくされた。

ワンダットに限らず、先住民たちはヨーロッパから運ばれてきた疫病に対する免疫を持たなかったため、しばしば部族が壊滅しかけるほどの死者を出すこともあった。ワンダットも一時的な移住先の名前からヒューロン族と呼ばれるようになってしまったが、彼らの本当の名前はワンダットだ。

ワンダットの居住地ワンダケでは今、約3000人いるワンダットのうち、およそ1600人が暮らしている。

彼らは2008年、ワンダットの暮らしやテイストを感じることができるホテルをオープンさせた。ホテルには先住民のテント「ティピ」の形を模した博物館も併設されている。

ワンダットが経済的に自立していくことを目指したこの試みは成功し、今、ホテルは年間稼働率65~70パーセントという人気を博している。

そして、ワンダケで僕にビーバー猟の話をしてくれたのが、ワンダットのマークだった。

「自分のじいさんはビーバーを捕らえる『トラッパー』だった。この部族の中で、じいさんは狩りだけで生計を立てていた最後の『トラッパー』だったんだ」

ビーバーはトラップ(罠)を使って捕まえる。だからビーバーを捕まえることを生業(なりわい)としていた先住民は「トラッパー」と呼ばれていた。

一方、トラッパーからビーバーの毛皮を入手するヨーロッパ人たちは、「ファー・トレーダー」(毛皮交易人)と呼ばれていた。ヨーロッパ人は自らビーバーを捕まえることはできなかったため、肝心な部分は先住民のトラッパー頼みだった。そしてマークの家系は、10代以上さかのぼってもずっと、ビーバーのトラッパーだったんだそうだ。

マークと会ったこの日のケベックは、昼間だというのに氷点下10度を下回る気温。「ロングハウス」という名を持つ、かつてワンダットが集団で暮らしていた巨大な小屋を再現した施設で、話を聞くことになった。

ホテルの客が宿泊もできるこのロングハウスは、防火の関係から壁を木でつくることができなかったものの、現代的な暖房器具があるわけでもなく、かなり忠実に当時を「再現」している。だからロングハウスの中の寒さは昔と同じだ。

足元から、手先から、寒さが体の中へと染み込んでくる。焚き火の暖かさだけを頼りに、マークの言葉に耳を傾けた。

ワンダット最後のトラッパー。それが目の前にいるマークのおじいさんなんだ。

カナダの歴史に触れるケベック「謎解きの旅」
  1. 「謎解きの旅」が始まった
  2. 最上級の帽子
  3. なぜ氷の滝を登ったのか
  4. 砂糖小屋にて
  5. 冬の Super Star
  6. なぜ氷のホテルに泊まったのか
  7. 陸を進む船 バーチ・バーク・カヌー
  8. ミッシング・リンク
  9. なぜ氷の上で競うのか
  10. 血の色の酒とカーニバルの始まり
  11. ヌーヴェル・フランスの終焉
  12. なぜ氷の上で語らうのか
  13. ハード・インディアン・シュガー
  14. ケベコワの誇り
  15. そして、すべての謎がつながった

著者プロフィール

平間 俊行 (ひらま としゆき)

報道機関で政治・選挙報道に携わる一方、地方勤務時代には地元の祭りなど歴史や文化に触れる取材に力を入れる。現在は編集部門を離れ、別分野の事業を担当しながら度々カナダを訪れ、カナダの新しい魅力を伝え続けている。