トラベルエッセイ

カナダの歴史に触れるケベック「謎解きの旅」

5

冬の Super Star=「ボノムの謎」その1=

ケベック・ウインター・カーニバルのマスコット「ボノム」

それにしてもすごい人気だ。ケベック・ウインター・カーニバルの会場にボノムが現れたとたん、周りの人たちが一斉に騒ぎ始めた。

「ボノム」「ボノム」「ボノム」

いっしょに写真に写っているこの女性の表情といったらどうだろう。隣にいるのがレオナルド・ディカプリオかブラッド・ピットだったら、僕だって別に文句は言わない。

だけど、隣にいるのは間違いなく、ただのでっかいスノーマンだ。

ボノムは子供たちにも大人気。「ボノム~」と言いながらお腹にくっついて、なかなか離れようとしない。そんな光景を目にしながら僕はひとり、小さくつぶやいていた。

「なんだ? これ」―。

正直言ってさほど可愛くもないし、日本人にはこのスノーマンの魅力は理解しがたいと思う。

ボノムは1月末から2月中旬まで、毎年ケベックで開催される雪と氷の祭典「ウインター・カーニバル」のマスコットだ。この期間中のケベックの街は、どこにこんなに人がいたんだと思うぐらい、見物客でごった返す。

カーニバルの主役は子供たちだ。チューブのタイヤに乗って雪の斜面を滑り降りたり、そりをつけた可愛いアヒルを押してレースをしたり、会場は小さな笑顔で溢れている。

この熱狂的なカーニバルの期間中、ケベックの街はボノムだらけになる。店の入口やショーウインドウ、ホテルのロビーなど、もう至るところにボノムの人形や看板、ステッカーが登場する。

まさにボノムは、冬のケベックのスーパースターなんだ。

さて、僕はさっき、ボノムのことを「マスコット」と書いた。しかし、こう書いただけでケベックの人たちには怒られてしまうらしい。なにしろ、ケベック州政府観光局のスタッフにボノムについて話を聞いている最中、彼は僕に真顔でこう言ったんだから。

「ボノムはただのマスコットじゃない。スノーマンなんだ」

僕にはこの言葉の意味があまり理解できなかった。

さらに彼はこうも言った。「子供たちに調査したところ、サンタクロースとの大きな違いは、サンタクロースは作り話だけど、ボノムは本物だってことなんだ」

この発言の意味も、僕にはさっぱり理解できなかった。僕の言葉の理解力には何か重大な欠陥でもあるんだろうか。あるいはとんでもない通訳ミスなんだろうか。

「90パーセントのカナダ人がボノムを知っている。でも、イヌイットみたいな先住民もいるから、実態としては100パーセントのカナダ人がボノムを知っていると言ってもいいと思う」

パーセンテージの真偽について議論するつもりは毛頭ない。しかし、もしこの広大なカナダ全土を対象に「ボノムを知っているか」という世論調査が実施されたんだとしたら、そっちの方が驚きだ。いったいどこからそんな予算が付いたんだろうか。

「なんだ? これ」―。僕がもう1回、今度は心の中で小さくつぶやいていると、彼は気になる説明を始めた。

「毛皮の交易人たちは、ラケッターと呼ばれていた。それはスノー・シューがテニスなどのラケットの形に似ていたから。そして、彼らラケッターの中で、法的に認められた人たちは、その証明として赤い帽子をかぶっていたんだ」

スノー・シューは、日本風に言えば「かんじき」。雪上を進むための道具でもあるけれど、最近では冬に自然と触れ合うアクティビティとしても人気だ。

罠を使ってビーバーを捕らえるトラッパーに対し、その毛皮を手に入れるために歩き回る毛皮交易人=ファー・トレーダーは、足に付けたスノー・シューの形状からラケッターとも呼ばれていた。

そして、ボノムの赤い帽子は、正規のファー・トレーダーがかぶっていた帽子なのだという。

ボノムはビーバーの毛皮を交易するファー・トレーダーなんだろうか。だとすれば、ボノムは僕が追っているビーバーやメープル・シロップの「謎」に関係してくる存在なのかもしれない。

冬のスーパースター、ボノム。彼はいったい何者なんだろうか。

ケベック・ウィンター・カーニバル 毎年1月から2月にかけて17日間にわたってケベック・シティで開催されるケベック・ウィンター・カーニバル。セントローレンス川での氷上カヌーレース、世界中のアーティストによる雪像コンテスト、街中での犬ぞりレース、水着1枚で楽しむ雪風呂など、世界最大の冬の祭典といわれています。

カナダの歴史に触れるケベック「謎解きの旅」
  1. 「謎解きの旅」が始まった
  2. 最上級の帽子
  3. なぜ氷の滝を登ったのか
  4. 砂糖小屋にて
  5. 冬の Super Star
  6. なぜ氷のホテルに泊まったのか
  7. 陸を進む船 バーチ・バーク・カヌー
  8. ミッシング・リンク
  9. なぜ氷の上で競うのか
  10. 血の色の酒とカーニバルの始まり
  11. ヌーヴェル・フランスの終焉
  12. なぜ氷の上で語らうのか
  13. ハード・インディアン・シュガー
  14. ケベコワの誇り
  15. そして、すべての謎がつながった

著者プロフィール

平間 俊行 (ひらま としゆき)

報道機関で政治・選挙報道に携わる一方、地方勤務時代には地元の祭りなど歴史や文化に触れる取材に力を入れる。現在は編集部門を離れ、別分野の事業を担当しながら度々カナダを訪れ、カナダの新しい魅力を伝え続けている。