トラベルエッセイ

カナダの歴史に触れるケベック「謎解きの旅」

9

なぜ氷の上で競うのか=Joie de Vivre(ジョワ・ド・ヴィーヴル)その3=

ウインター・カーニバル恒例のアイスカヌーレース

何度も同じ書き出しで始めるのはあまりに芸がない。ただ、それにしてもケベックの人たちは、「Joie de Vivre」(ジョワ・ド・ヴィーヴル=生きる喜び)―を体現している人たちだと思う。

それにしても、氷に埋め尽くされたセントローレンス川でカヌー競争をするなんてこと、誰が最初に考えついたんだろう。

昔、セントローレンス川に橋が架かっていなかったころ、人々はカヌーを使って対岸までものを運んでいたそうだ。そこからアイスカヌーレースが発想された、という説明も聞いたけれど、とてもじゃないが、なるほど、という感じにはならない。だって、氷の上でカヌーを漕ぐこととさっぱりつながらないし。

やっぱりケベックの人たちは、氷点下だろうがなんだろうが、冬を楽しまないと気がすまないんじゃないだろうか。

凍っているんだから、カヌーを「漕ぐ」という感じではない。氷が平らなところでは、スパイクの付いたシューズで氷を蹴っている、という感じ。

氷が砕けたところではカヌーを押したり、担ぎ上げたりして前に進んでいく。だから、「氷上カヌー運びレース」と言ってもいいぐらいだ。

本来、全面が凍りついているセントローレンス川を砕氷船が行き来して船が航行できるようにしているのだという。そして、砕かれた氷は時間帯によって逆流するため、レースに勝つためにはこの流れをうまく先読みすることも求められるのだそうだ。

「セントローレンス川横断アイスカヌーレース」は、1955年にケベック・ウインター・カーニバルが始まった時から開催されているメインイベント。だから、とにかく街の盛り上がりは尋常じゃない。

僕が観戦した2014年のレースでは、凍った川の岸壁に約1万人の観客が詰めかけ、氷点下の中で熱い声援を送っていた。

この日のレースに参加したのは男女合わせて260名、52チーム。また、初めての試みとして、セントローレンス川の両岸に巨大モニターが設置され、生中継までされたそうだ。

ちなみに結果は、2013年まで23回連続で優勝していたホテル・シャトーフロントナックのチームが4位に終わるというハプニングがあったそうだ。

さて、ケベック滞在中、北米の12歳以下の少年チームのアイスホッケー・トーナメントが行われていた。毎年ウインター・カーニバルと同じ時期に開催されていそうだ。

「少年チーム」と書いたけれど、女子が30人も含まれている。女子を加えるかどうかはそれぞれのチームの判断で決められるそうだ。

2014年のトーナメントに参加したのは129チーム。前回から8チーム増えたため、開催期間が1日増えて12日間になったという。それでも約150チームに対しては参加を断らざるを得なかったそうだ。

もちろん、アイスホッケーをやっているのは子供たちだけじゃない。ケベックには、「REMPARTS」というプロのアイスホッケーチームがある。1部リーグではないにもかかわらず、地元チームとあって客席は連日、ケベックのファンたちで埋め尽くされている。

本当に氷の上で競い合ってばかり。ケベックの人たちは、冬を楽しむ天才だ。

カナダの歴史に触れるケベック「謎解きの旅」
  1. 「謎解きの旅」が始まった
  2. 最上級の帽子
  3. なぜ氷の滝を登ったのか
  4. 砂糖小屋にて
  5. 冬の Super Star
  6. なぜ氷のホテルに泊まったのか
  7. 陸を進む船 バーチ・バーク・カヌー
  8. ミッシング・リンク
  9. なぜ氷の上で競うのか
  10. 血の色の酒とカーニバルの始まり
  11. ヌーヴェル・フランスの終焉
  12. なぜ氷の上で語らうのか
  13. ハード・インディアン・シュガー
  14. ケベコワの誇り
  15. そして、すべての謎がつながった

著者プロフィール

平間 俊行 (ひらま としゆき)

報道機関で政治・選挙報道に携わる一方、地方勤務時代には地元の祭りなど歴史や文化に触れる取材に力を入れる。現在は編集部門を離れ、別分野の事業を担当しながら度々カナダを訪れ、カナダの新しい魅力を伝え続けている。